春日部市の歯医者 小林歯科医院|矯正歯科

春日部市 小林歯科医院

サイトマップ

予約優先 急患の方はまずお電話ください

TEL:048-752-1181

HOME 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科は一般的に歯並びを治す審美的な治療のイメージがありますが、単に歯をきれいに並べるだけではなく、歯を中心としたお口の機能の回復をはかり、かみ合わせ、発音、全身の健康に影響を及ぼす治療の一分野です。

特に小児矯正の場合は、各年齢に合わせてあごの健全な発育を助けるための目的があります。
矯正は何歳からでも始めることができますので、まずはご相談ください。

セファロを使用した検査

セファロ付きレントゲン

セファロは、矯正治療の際に顔全体のバランスを把握するための規格写真です。矯正歯科において正しい診断をする上で欠かせないものです。

当院では徹底した検査と診断のもと、患者さんにきちんとご説明をさせていただいた上で、矯正治療を行っていきます。

小児矯正

小児矯正

各年齢に合わせてあごの健全な発育を助けるための目的があります。

子供の頃から行うことで理想的な治療が行えます。大人はあご骨の成長が終わってしまっているため、歯を動かす矯正になりますが、子供はまだ成長段階にあるので、あごの成長をコントロールしながら矯正を行うことができます。

このような癖はありませんか?
  • 口呼吸
  • 唇をかむ
  • 偏咀嚼
  • 舌を突き出す
  • ほおずえ
  • 横向き寝
  • うつ伏せ寝
  • 食べ方(食べこぼし、噛まない、飲み込みが悪い、くちゃくちゃ音をたてる)

口呼吸が及ぼす悪い影響

口呼吸が及ぼす悪い影響

放っておくと口元、歯並び、顔の形に影響があります。
また口の中が乾燥して唾液の分泌が悪くなるため、むし歯や歯周病、口臭などを引き起こします。

場合によっては、アレルギーを引き起こす、睡眠時無呼吸症候群になるなど、命の危険も伴うこともあり、それだけ口呼吸は危険なことです。

当院では舌トレーニングなど、癖を直す指導を始めました。ぜひご相談ください。

MFT(口腔筋機能療法)

MFT(口腔筋機能療法)

口の周りの筋肉(舌、口唇、顔面の筋肉など)を強くしてバランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。

歯科衛生士指導のもと、訓練により正しい舌の動きや正しいお口のまわりの筋肉の動きを覚えていき、習慣付けします。

矯正装置を付けずに口腔筋機能療法のみで不正咬合がある程度改善することもありますし、矯正治療が成功するために口腔筋機能療法の併用が必要な場合もあります。

マイオブレイス(筋機能矯正装置)

マイオブレイス(筋機能矯正装置)

マイオブレイス(筋機能矯正装置)

マイオブレイスとは、上あごを広げて歯を正しい位置に誘導しながら、歯並びの歪みの原因である舌・頬・唇の筋機能を改善していくマウスピース型の装置です。

口呼吸の癖や、舌の位置がおかしいと歯並びに悪影響が出てきます。
マイオブレイスは口腔周囲の筋肉を効果的に鍛えることができ、また舌を正しい位置に置く習慣づけができます。その結果として、歯並びが治っていきます。

毎日、日中1~2時間と夜間の就寝時に装着します。

ファンクションアプライアンス(機能的矯正装置)

日本人の出っ歯は、上のあごの骨が前にずれているのではなく、下あごの骨が上あごや頭の骨より後ろにずれているため、上の前歯が前に傾いているケースがほとんどです。

当院では乳歯から永久歯に生えかわる混合歯列期の出っ歯の治療にバイオネーターやBJA(バイトジャンピングアプライアンス)を用いております。
バイオネーターとBJAは、ともに下あごが前に成長し、上の前歯の傾きも改善する装置です。学校滞在時に使用する必要はなく、自宅にいる時のみの装着で矯正が可能です。

バイオネーターとは?

目立たない拡大装置

バイオネーターは、針金とプラスチックでできた取り外し可能な矯正装置です。「機能的矯正装置」と呼ばれるものの一種で、出っ歯の改善に非常に優れた効果を発揮します。

バイオネーター

出っ歯というのは、前歯が突き出しているケースもありますが、下あごの発育が悪く、後ろに下がっている(奥に位置している)ことで出っ歯に見えるケースのほうが多くあります。この場合、上あごを引っ込めるのではなく、下あごが前方に成長するように導くことが重要です。

バイオネーターは、筋肉の動きを利用して下あごの成長を促す矯正装置です。出っ歯の改善に用いられるほか、過蓋咬合(極端に噛み合わせが深い状態)の改善にも効果があります。

フェイスマスク(上顎前方牽引装置)

フェイスマスク(上顎前方牽引装置)

主に10歳までの受け口の治療に使用し、上あごの成長を促進します。

見た目は随分と違和感の強そうな装置ですが、実際にはマウスピース型のものより協力度が高い装置です。

フェイスマスク(上顎前方牽引装置)

写真は上顎を側方拡大しながら前方に引いたケースです。前から3番目の乳歯の唇側のフックとフェイスマスクのクリブにエラステック(矯正用の輪ゴム)をかけます。

床矯正

目立たない拡大装置

拡大装置

あごの骨を側方拡大し永久歯がはえるスペースを作り、重なり合っている歯並びの改善します。

下あごの側方拡大は、永久歯犬歯の萌出前に行うと歯槽骨が側方拡大し、後戻りが少ないといわれております。
一方、上あごの骨の骨格的拡大は、上顎正中口蓋縫合が癒着する前の18歳までが適応といわれており、上あごの骨格的側方拡大は20歳に近づくと開かない場合があります。そのような場合はミニインプラント固定の上顎急速側方拡大装置が有効です。

当院では、患者さんの年齢や歯が重なり合っている量により、装置を使い分けております。

拡大装置

成人矯正

成人矯正

アメリカでは歯並びの美しさが人を判断する上での大切な要素と考えており、子供には親からのギフトとして矯正を施す文化があります。
また、歯並びが悪いとビジネスマンの出世の妨げる一要因になるそうです。

歯にブラケットを着けることを恥ずかしいと思っていた日本人も最近は意識が変わってきており、成人の患者さんも増えております。

歯が生え揃った成人の治療はマルチブラケットシステムで行います。歯にブラケットを接着し、細いワイヤーを通し、歯を3次元的に動かします。

症例は非抜歯で受け口の矯正治療を行いました。

非抜歯矯正

インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正とは矯正治療の時、矯正用インプラントを使って歯並びを治す治療法です。

インプラント矯正は、短期間で大きく歯を動かせるので、通常の矯正では難しい症例も治療が行える可能性があります。また治療期間を大幅に短縮することができます。

矯正用インプラントは一般的な歯科用インプラントとは違い、長期間使うものでも、噛むためのものではありません。そのためインプラント自体は長さ6~10mm程度、太さは1.4~2mm程度の非常に小さなインプラントを使用します。

目立たない矯正器具

矯正器具

歯の表面にワイヤーを装着する矯正治療は口を開けた際、目につきやすい場所に器具を装着する必要があります。
当院では目立たない矯正治療を行うための矯正器具を取り揃えております。

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤーは、ブラケットだけでなくワイヤーも白い装置で、表側矯正の中では最も目立ちにくい装置といえます。

ホワイトブラケット

ホワイトブラケットとは従来の矯正装置とは違い、ブラケットがセラミックでできたものです。

天然の歯に近い色合いのため、目立たずに矯正歯科治療をすることができます。またホワイトブラケットはマウスピース矯正等の目立たない矯正歯科治療に比べ、幅広い症状に対応することができます。

非抜歯矯正

当院ではアメリカのグリーンフィールド博士のCADテクニック用いた矯正治療を行っております。
CADテクニックとは歯列を側方拡大後、奥歯を後方に移動し歯を並べるスペースを作る方法です。
下あごに著しい歯の重なり合いがある場合や口もとが著しく前突している場合などはこの方法は適応できません。

症例はGMDと呼ばれる装置で奥歯を後方に移動し、歯を並べるスペースを作り、歯並びを整えました。

非抜歯矯正

予約優先 TEL:048-752-1181

ページの先頭へ